2022/01/14 曲解的解釈



















Twitterを徘徊していたブログ担当 とある呟きを発見する ……これはどうゆう意味なのであろうか? 解読してみようと思う



「ぐるぐる巻きの破壊衝動」


破壊衝動ということは 何か壊したくてたまらないという 憤りに襲われていたのだろう それがぐるぐる巻きということは 竜巻のように荒々しい憤りを感じているという

紐解き方もできるだろう


あるいは、善と悪が頭の中で

ぐるぐる回っているという解釈もとれる 物を壊してストレスが軽減される

ただ、物に当たるのはダメな行為 その両極端の思いが破壊衝動をかき乱している そんな取り方もできるのだ

「吐き出す期待は重たい温度」


これには3つの読み取り方ができる 第1の読み方 直接的な意味 吐き出す期待は、サザナミアメが期待していた何か それに対して抱いていた気持ちはとても重かった という解釈

第2の読み方

同音異語を用いた意味

吐き出す期待は同音異語で 吐き出す気体と解釈できよう、つまり息ということだ 重たい温度……こちらも、音頭という解釈をすると かなりゆっくりしたテンポで息を吐く

という解釈


そして第3の読み方

第1と第2を掛け合わせた意味 期待していた何かに対しての大きな失望 重たい溜息をゆっくりと吐き出す この一連の描写を表していたのである




「机に並んだシュガーステック」


これに関しては、よくわからない しいて言えばシュガースティックを シュガーステックと小さなイを抜いていることだ イがない……稲井? つまりこれはサザナミアメに関連した

稲井という人物に向けてのメッセージということなのかもしれない


「スプーン加える空の口」

何かを食べていたということだろうか? 今までの文章の中で唯一食べれるものは シュガー、つまり砂糖ということだ 今までの言葉遊びを考えると この砂糖は人名の佐藤ともとれはしないだろうか?




「まとめ」


サザナミアメは稲井という人物に伝えたのだ 「佐藤くんは僕が粉々にして

 欠片も残さず食っちゃっよ

 期待していたのに残念だ  君なら僕を止めてくれると

 思っていたのに……」 この恐ろしい真実を知った私は 本人に直接聞いてみた こんな解釈が含まれた呟きをするなど 気でも狂ったのかと


彼はただ一言こういった

「違います」


今日の報告は以上です